Top

Sub Projects

Mayaa Faces

Mayaa Facesとは

Mayaa FacesはMayaaをテンプレートとしてJavaServer Facesを使うための拡張機能です。現在はまだ十分な機能はありません。

Download ver 0.3 (2005/11/28)


Mayaa WebWork2

Mayaa WebWork2とは

Mayaa WebWork2はWebWork2からMayaaを利用するための実装を提供します。

Download ver 1.0.1 (2007/8/13)


利用方法(WebWork2)

xwork.xmlのpackage要素内にMayaaResultの定義を追加し、Mayaaを使用するActionにresultの定義を追加します。
locationパラメータでMayaaが処理するHTMLファイルを指定することが出来ます。 locationパラメータを指定しない場合は「actionのname属性.html」というファイルを使用します。

xwork.xml
<!DOCTYPE xwork PUBLIC
  "-//OpenSymphony Group//XWork 1.1.1//EN"
  "http://www.opensymphony.com/xwork/xwork-1.1.1.dtd">
<xwork>
  <include file="webwork-default.xml" />
  <package name="default" extends="webwork-default">
    <result-types>
      <result-type class="org.seasar.mayaa.webwork.MayaaResult"
        name="mayaa" />
    </result-types>

    <action name="index"
      class="org.seasar.mayaa.webwork.example.action.TestAction">
      <result name="success" type="mayaa">
        <param name="location">test.html</param>
      </result>
    </action>
  </package>
</xwork>

利用方法(Mayaa)

Mayaa側の設定は不要です。JarファイルをWEB-INF/libに追加すれば、JarファイルのMETA-INF内の設定ファイルが自動で読み込まれるようになります。
あとはMayaaファイルの属性部分で以下のように指定すればActionのプロパティなど、ValueStack経由でアクセスできるオブジェクトをMayaa側で使用できるようになります。 ValueStackのオブジェクトにアクセスする際のプレフィックスは「ww」ですが、省略することも出来ます。

prefix指定時
<m:write value="${ww.プロパティ名}" />
prefix省略時
<m:write value="${プロパティ名}" />

変更履歴

変更点 1.0.0 -> 1.0.1 (2007/08/13)

matatabi - Mayaa Plugin

matatabiとは

matatabiはMayaaファイルやHTMLファイルの編集を支援するEclipseプラグインです。

インストール

現在の最新バージョンは1.2.7です。動作にはEclipse3.3以上とWTP2.0以上が必要となります。 以下の更新サイトからmatatabiを選んでインストールしてください。

http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/

機能

利用方法

同梱のヘルプを参照してください

変更履歴

変更点 1.2.6 -> 1.2.7 (2009/04/16)
変更点 1.2.5 -> 1.2.6 (2008/09/23)
変更点 1.2.4 -> 1.2.5 (2008/07/27)
変更点 1.2.3 -> 1.2.4 (2008/07/02)
変更点 1.2.2 -> 1.2.3 (2008/04/06)
変更点 1.2.1 -> 1.2.2 (2008/03/16)
変更点 1.2.0 -> 1.2.1 (2008/02/16)
変更点 1.1.1 -> 1.2.0 (2007/09/12)
変更点 1.1.0 -> 1.1.1 (2007/07/09)
変更点 1.0.0 -> 1.1.0 (2007/07/05)
変更点 0.5.0 -> 1.0.0 (2007/07/03)
変更点 0.4.0 -> 0.5.0 (2007/05/28)
変更点 0.3.0 -> 0.4.0 (2007/05/24)

Struts2 Mayaa Plugin

Struts2 Mayaa Pluginとは

Struts2 Mayaa PluginはStruts2からMayaaを利用するための実装を提供します。

Download ver 1.0.1 (2007/8/13)


利用方法(Struts2)

struts.xmlのpackage要素内にMayaaResultの定義を追加し、Mayaaを使用するActionにresultの定義を追加します。
locationパラメータでMayaaが処理するHTMLファイルを指定することが出来ます。 locationパラメータを指定しない場合は「actionのname属性.html」というファイルを使用します。

struts.xml
<!DOCTYPE struts PUBLIC
    "-//Apache Software Foundation//DTD Struts Configuration 2.0//EN"
    "http://struts.apache.org/dtds/struts-2.0.dtd">
<struts>
  <package name="default" extends="struts-default">
    <result-types>
      <result-type class="org.seasar.mayaa.struts2.MayaaResult"
        name="mayaa" />
    </result-types>

    <action name="index"
      class="org.seasar.mayaa.struts2.example.action.TestAction">
      <result name="success" type="mayaa">
        <param name="location">test.html</param>
      </result>
    </action>
  </package>
</struts>

またStruts2 Mayaa Pluginで用意されているmayaa-defaultパッケージを継承すれば、MayaaResultの定義は不要になります

struts.xml
<!DOCTYPE struts PUBLIC
    "-//Apache Software Foundation//DTD Struts Configuration 2.0//EN"
    "http://struts.apache.org/dtds/struts-2.0.dtd">
<struts>
  <package name="default" extends="mayaa-default">
    <action name="index"
      class="org.seasar.mayaa.struts2.example.action.TestAction">
      <result name="success" type="mayaa">
        <param name="location">test.html</param>
      </result>
    </action>
  </package>
</struts>

利用方法(Mayaa)

Mayaa側の設定は不要です。JarファイルをWEB-INF/libに追加すれば、JarファイルのMETA-INF内の設定ファイルが自動で読み込まれるようになります。
あとはMayaaファイルの属性部分で以下のように指定すればActionのプロパティなど、ValueStack経由でアクセスできるオブジェクトをMayaa側で使用できるようになります。 ValueStackのオブジェクトにアクセスする際のプレフィックスは「struts2」ですが、省略することも出来ます。

prefix指定時
<m:write value="${struts2.プロパティ名}" />
prefix省略時
<m:write value="${プロパティ名}" />

変更履歴

変更点 1.0.0 -> 1.0.1 (2007/08/13)
Copyright (c) 2004-2009 the Seasar Foundation and others. all rights reserved.